ベガスベイビーラスベガス THE LAS VEGAS
★ラスベガス・・・ここは夢の街★



最愛の人マイハニーバニーの住むラスベガス シティとは・・

  ラスベガスとは、スペイン語で「草原」の意味を持ち、隣の大都市からは 400`も離れた光り輝く壮大なネオンの街。日本からは直行便が、近くの都市からは 航空便が出ているので、旅行に行くには最適な場所。週末には、気軽に車で訪問する 一攫千金を夢見る観光客が、後を絶ちません。。。
ネバダ州の東南に位置し、水源からは およそ40`の場所、モハーベ砂漠の中に広がる オアシス。そう、そこが 西はカルフォルニア州、北東はユタ州、東および東南はアリゾナ州に囲まれています。 そのため、アメリカ各地からは 車やバス、飛行機などで比較的容易に訪問できます。 人口・・・2004年現在で約150万人。今尚、毎月4〜5千人増え続けている。 従って、ビジネス・ショッピングセンター・住宅・レストランも増加し続けている。
飛行機で到着・・・McCarran International Airport(マッカーラン国際空港)
観光客は アメリカ国内で7番目に混むといわれている、この空港に到着します。 航空便により幾つかのターミナルに分かれているこの空港は、インフォメーションセンターや 救急施設遺失物届けなど分かり易く表示されているのが嬉しい。
車で行く・・・所要時間は、道路状況により異なるロサンゼルスから 
FWY(フリーウェイ)10を東へ、その後FWY15を北へ4時間あまりのドライブで到着 〔約280マイル/448キロ〕
ソルトレイクから
FWY15を南へ約9時間のドライブ。〔約431マイル/689キロ〕
フェニックスから
FWY93を北へ約6時間半のドライブ。〔約285マイル/456キロ〕
バスで行く・・・800-231-2222
グレーラインバスでロスより約6時間でダウンタウンゴーハンズプラザホテルに到着。 〔1日数本、途中休憩有。出発1時間前にチェックインの事。 月〜木:片道$30/往復$59 金土日:片道$32/往復$62〕 『ラスベガス』=『カジノ遊び』この連想は、今や時代遅れ!昨今のラスベガス観光客は ギャンブルだけを目的にやって来る訳ではなく、むしろゲーミングはチョットだけ メインは、ホテルライフをリゾート感覚で楽しむ傾向が強くなってきています。 ラスベのホテル達は、他の州や他の国のホテルとは違い各々のホテルごとに テーマ性を持って建てられてる為、イベント・ショー・アトラクション、更には装飾を 見る散策だけでも たっぷり時間が必要なほど、十分楽しめるサプライズが盛り沢山。。。 お部屋からの夜景が溜息をつかせるほど素敵なのは勿論の事、ゆっくりと流れる時間を 楽しみながら、疲れやストレスを解消してくれる極上のスパを満喫したり、または 自分の滞在ホテルだけでなく隣接する様々なホテルを、訪ね歩くホテルホッピングも ラスベガスならではの醍醐味・・・。ホテルホッピングに次いで外せないのは ラスベガス名物である、数々の有料・無料のショーアトラクションや世界的にもトップクラスの ナイトショーでしょう。日本でもサルティンバンコやドラリオンで お馴染みの シルクドセレイユの「O」や「Ka」、顔を真っ青に染めた3人組が、繰り広げる 「ブルーマンショー」や ABBAの曲で楽しめる「マンマミーア」など これらのショー目当てで、世界中から訪れる観光人も少なくありません。 目を肥やしたら次に満足させたいのは、やっぱり食欲!!高級フレンチやイタリアンは もちろんのこと日本食の楽しめるレストランが入っているホテルも数多くあります。 でもラスベに来たら、是非試してもらいたいのは バフェ!! これはラスベガスの裏名物であり、各ホテルには様々なバフェがあります。 良心的な お値段でイタリアンからメキシカン、チャイニーズなどのメニューが 常備されているので、どんな人の胃袋もきっと満足させてくれるでしょう。。。 !!作者が好きだったバフェランキング!! そして、女性が旅行に行く大半の目的は、やはりコレではないでしょうか。。? そう !! 有名ホテル内には 数々のブランドが入っているショッピングモールがあり シーザーズパレスのフォーラムショップスなどは、余裕で迷子になるほど広く じっくり見始めたら最後、1日でショッピング欲が満たされる事はないでしょう。 でもホテルショッピングは、お財布が持たないわ…と、そんな人の強い味方も ちゃ〜んとあります!!はい。それが・・・アウトレットモール! ラスベガス市内から郊外にまで点在する様々なタイプのアウトレットモールは どんな買い物フリークのニーズをも満たしてくれる事 間違いナシ☆ 更に郊外に足を伸ばせば、北米大陸の大自然や 州・国立公園のオンパレード! 日本からの、いわゆる『アメリカ大自然ツアー』などのパックツアーは ラスベガス発が圧倒的に多いのをご存知でしたか? なぜなら有名ドコロのナショナルパーク、例えば「グランドキャニオン」 「モニュメントバレー」「ザイオン」「ヨセミテ」などは、ユタ州や アリゾナ州など、ラスベガス周辺に位置する州に点在しているからでなのです。
★ロケーションLocation ! ★ 他にラスベのイメージと言えば コンベンション、ウエディングなどが 挙げられますが、映画産業の発展もめざましいものがあります。ネバダフィルムオフィスでは ネバダ州でのフィルミング(撮影)の申請が、1年に600以上のプロジェクトからあり それらが許可され、併せて3000日余りの製作期間で$200,000,000の収益を あげています。収益の約半分を占めるのはテレビシリーズ、スペシャル番組で 2番目がコマーシャルそれから映画、ドキュメンタリー、ミュージックビデオ、 スティル写真撮影、各会社や商業用撮影など。なぜ、これ程までにラスベでの フィルミングに人気が集中するのか??やはりそれは、煌びやかなストリップホテルの イルミネーションや気候、更にはロケーションのバラエティが豊富な所が最大の 要素となっているのではないでしょうか。古いガソリンスタンドやビルディング、 大自然の美や豪華なプライベートホームなど、撮影場所選択がワイドなのです!! ★豊かな暮らし、ラスベガスのシニア・ライフ!★ 日本でもアメリカでもシニアの人口が増え、シニア関連のビジネスに焦点が 当てられるようになってきましたね。その波は、ラスベでも顕著に見られます。 日本からラスベガスでのシニアの生活実態を見学に訪れる人も増えて来ています。 ラスベガスでは、55+の人達が入居するサンシティアンセムやサマリンが人気です。 空気がきれいなラスベガスマウンテンズやゴルフコース、更にストリップの町並みが 一望出来る環境にて、2〜3ベッドルームのデラックスな一軒家に住み ゴルフや麻雀、パソコンなどのクラスに参加し、充実した生活を楽しみ 第2の人生を謳歌している姿が、多く見られる様になって来ています。。 気候 治安

・・・ラスベガスを、数々の写真とエピソードで紹介する書物・・・

トップページに戻る 私たちについて
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO